HOME > 事業継承
  事業承継とは、現経営者の引退に伴い、後継者に事業を承継させることをいいます。対外的なトラブルなどとは異なるため、まだまだ事業承継は企業においては問題意識が希薄な分野といえます。しかし、現実には、事業承継に失敗して業績が悪化したり、廃業したりするケースは多く見られますし、他方で、事業承継を契機として業績を伸ばしている企業も存在します。
 
 事業承継には、大きく分けて、現経営者の親族への承継(親族内承継)、従業員等親族以外の者への承継(親族外承継)、M&A、という3つの方法があります。これらの方法にはそれぞれメリット、デメリットがあり、各企業の実態等を踏まえながら、最善の方法を選択することが重要です。また、事業承継にあたっては税金の問題についても考えなければなりません。

 このように、事業承継を考えるにあたっては様々な問題に直面するので、事業承継をお考えの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

費 用

 ご相談の内容や事業承継の方法等により異なってきます。ご相談の際に、費用についてもご相談させていただきます。