HOME > 離婚
  離婚をする場合、離婚届を出せばそれで終わりなのではなく、慰謝料、財産分与、養育費、婚姻費用、親権、面接交渉など、同時に様々なことを考えなければなりません。これら多くの事項を法律・判例にしたがって処理をしていくだけでも容易なことではありません。加えて、離婚の場合には当事者間に激しい感情的な対立があるのが通常ですから、話し合いをすることすら難しく、解決は困難を極めます。
 
  弁護士に依頼すれば、上記内容について法律・判例にしたがった正当な解決が実現でき、相手方と直接交渉する精神的負担を緩和できる等のメリットがあります。

 誰しも望んで離婚するわけではありませんので、離婚をされた場合には苦悩されることと思いますが、お客様が勇気を持って問題解決に向かっていけるよう、当事務所がお手伝いをさせて頂ければと思っております。

費 用

1.着手金 20万円~

  • (調停から訴訟に移行した場合には、さらに10万円程度お支払いいただきます。)

2.報酬金 20万円~

  • (財産分与、慰謝料等金銭請求の額に応じて異なります。内容に応じて、協議の上決定いたします。)