HOME > 訴訟事件
  紛争を解決する手段は様々ですが、裁判による解決が必要な場合も少なくありません。裁判を提起する場合も、裁判に対応する場合も、専門家に依頼しないと対処は困難です。対処を誤ると、法的権利を実現することも守ることもできなくなる場合があります。まずは我々にご相談下さい。



費 用

1.着手金…弁護士に事件を依頼した段階でお支払いいただく費用です。

  • 金額は、経済的利益の8%~となります。

2.報酬…事件が終了した段階でお支払いいただく費用です。

  • 金額は、経済的利益の16%~
  • なお、「経済的利益」とは、訴訟において争われている利益のこととなります。
  • 例えば、100万円の貸金請求をする場合、100万円が経済的利益となります。

3.実費、日当…事件処理のために実際に出費した費用のことで、裁判所に

  • 収める印、日当 、 交通宿泊費がかかる場合があります。
  • 紙代・予納郵便代や記録謄写費用などがあります。出張が必要なケース費。